Home > 学会発表

2016年

  1. 張 田力、津々木 博康、小野 勝彦、赤池 孝章、澤 智裕
    NLRP3インフラマソーム活性化のレドックス調節機構の解析(口頭発表、ポスター)若手優秀演題賞
    第89回日本生化学会大会、2016.9.25-9.27、仙台市、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス
  2. 澤 智裕
    活性イオウによる酸化ストレス制御の分子機構(シンポジウム)
    第89回日本生化学会大会、2016.9.25-9.27、仙台市、仙台国際センター/東北大学川内キャンパス
  3. 張 田力、津々木 博康、小野 勝彦、赤池 孝章、澤 智裕
    Redox balance dependent regulation of NLRP3 inflammasome activation(ポスター)
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会、2016.8.30-8.31、仙台市、仙台国際ホール 会議棟
  4. 小野 勝彦、Ahtesham Ahmed Khandarker、津々木 博康、張 田力、井田 智章、宮田 敬士、尾池 雄一、赤池 孝章、澤 智裕
    Rp-ニトロcGMPによるS-グアニル化を介したプロテインキナーゼG(PKG)の活性阻害(ポスター)優秀ポスター賞
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会、2016.8.30-8.31、仙台市、仙台国際ホール 会議棟
  5. 津々木 博康、小野 勝彦、張 田力、井田 智章、居原 秀、赤池 孝章、澤 智裕
    大腸菌における蛋白質S-グアニル化標的タンパク質のプロテオーム解析(ポスター)
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会、2016.8.30-8.31、仙台市、仙台国際ホール 会議棟
  6. 澤 智裕
    活性イオウによる酸化ストレス制御の分子機構(シンポジウム)
    第69回日本酸化ストレス学会学術集会、2016.8.30-8.31、仙台市、仙台国際ホール 会議棟
  7. 張 田力、津々木 博康、小野 勝彦、赤池 孝章、澤 智裕
    NLRP3インフラマソーム活性化のレドックス制御NLRP3インフラマソーム
    第27回日本生体防御学会学術総会、2016.7.7-7.9、福岡市、九州大学 病院内キャンパス内 コラボステーション1 視聴覚ホール
  8. 津々木 博康、張 田力、小野 勝彦、八尋 錦之助、野田 公俊、澤 智裕
    腸管出血性大腸菌毒素Subtilase cytotoxinによるNLRP3インフラマソーム抑制機構(シンポジウム)
    第27回日本生体防御学会学術総会、2016.7.7-7.9、福岡市、九州大学 病院内キャンパス内 コラボステーション1 視聴覚ホール
  9. 澤 智裕
    親電子性ヌクレオチドによる細胞内レドックス調節機構とその制御(シンポジウム)
    第43回日本毒性学会学術年会、2016.6.29-7.1、愛知県名古屋市、ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
  10. 澤 智裕
    親電子性ヌクレオチドによるcGMP依存性プロテインキナーゼのシステイン残基修飾を介した制御機能(シンポジウム)
    第16回日本蛋白質科学会年会、2016.6.7-9、福岡市、福岡国際会議場
  11. Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara,Naotake Yamada,Takaaki Akaike,Sumio Iwas
    Guard cell signaling mediated by a nitrated nucleotide and hydrogen sulfide in regulation of stomatal closure in Arabidopsis(ポスター)
    The 9th International Conference on the Biology,Chemistryand Therapeutic Applications of Nitoric Oxide、 2016.5.20-22、宮城県仙台市、仙台国際会議場
  12. Tomohiro Sawa
    Cysteine persulfides provide antioxidative resistance in bacteria to survive under oxidative stress conditions.(シンポジウム)
    The 9th International Conference on the Biology,Chemistryand Therapeutic Applications of Nitoric Oxide、 2016.5.20-22、宮城県仙台市、仙台国際会議場
  13. Hiroyasu Tsutsuki,Katsuhiko Ono,Tianli Zhang, Tomoaki Ida,Shigemoto Fujii,Hideshi Ihara,Takaaki Akaike,Tomohiro Sawa
    Proteomic identification of susceptible targets for protein S-guanylation in Escherichia coli
    The 9th International Conference on the Biology,Chemistryand Therapeutic Applications of Nitoric Oxide、 2016.5.20-22、宮城県仙台市、仙台国際会議場
  14. Kastuhiko Ono,Ahmed Khandarker Ahtesham,Hiroyasu Tsutsuki,Tianli Zhang, Tomoaki Ida,Keishi Miyata,Yuichi Oike,Takaaki Akaike,Tomohiro Sawa
    Rp-isomer of 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphorothioate as a potent inhibitor of cGMP-dependent protein kinase
    The 9th International Conference on the Biology,Chemistryand Therapeutic Applications of Nitoric Oxide、 2016.5.20-22、宮城県仙台市、仙台国際会議場
  15. Tianli Zhang,Jun Fang,Katsuhiko Ono,Hiriyasu Tshutshuki,Tomohiro Sawa
    Pegylated manganese protoporphyrin IX as a highly potent water-soluble hydrogen peroxide decomposition catalyst
    The 9th International Conference on the Biology,Chemistryand Therapeutic Applications of Nitoric Oxide、 2016.5.20-22、宮城県仙台市、仙台国際会議場
  16. Katsuhiko Ono,Hiroyasu Tsutsuki, Tianli Zhang,Hiroshi Sezaki,Takaaki Akaike,and Tomohiro Sawa
    Desensitization by Penicillin Binding Protein 5(PBP5)Against β-lactam antibiotics via Formation of Cysteinyl-β-lactam-protein adducts
    The 13th Korea-Japan International Symposium on Microbiology, The 127th Summer Meeting of the Korean Society for Microbiology, May 12-13,The-K Hotel,GYOENGJU,Korea
  17. 澤 智裕, 張 田力, 小野勝彦, 津々木博康, 赤池孝章
    細菌におけるシステインパースルフィド関連分子の生成動態
    第89回日本細菌学会総会、2016年3月23日-25日、大阪市
  18. 津々木博康, Thianli Zhang, 小野勝彦, 八尋錦之助, 野田広俊, 澤 智裕
    腸管出血性大腸菌毒素 Subtilase cytotoxin によるインフラマソーム抑制機構の解析
    第89回日本細菌学会総会、2016年3月23日-25日、大阪市
  19. 小野勝彦, 津々木博康, 赤池孝章, 澤 智裕
    チオール化合物とβラクタム系抗生物質との反応による付加体形成:抗菌作用への影響と標的タンパク質の同定
    第89回日本細菌学会総会、2016年3月23日-25日、大阪市
  20. 張  田力
    NRLP3インフラソーム活性化のレドックス制御
    酸素生物学・ダイイングコード合同若手会議、2016年1月26日-28日、千葉県上総一宮市
  21. 澤 智裕
    酸化ストレスを抑える新しい分子の発見:炎症性疾患治療への展開を目指して(指定講演)
    第9回アトピー・乾癬学術講演会、2016年1月28日、熊本市 ホテル日航熊本

▲年度別メニューに戻る

2015年

  1. 澤 智裕
    蛋白質S-グアニル化とレドックスシグナル伝達制御
    第39回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム、2015年9月10日-12日、大分県別府市
  2. 津々木博康、小野勝彦、井田智章、張 田力、居原 秀、赤池孝章、澤 智裕
    大腸菌における蛋白質S-グアニル化の制御因子と標的タンパク質の同定
    第68回日本細菌学会九州支部総会第52回日本ウイルス学会九州支部総会、2015年9月4日-5日、大分県別府市
  3. 門出和精、寺沢広美、澤智裕、前田洋助
    ヒト内在性レトロウイルスの転写因子の同定
    第68回日本細菌学会九州支部総会第52回日本ウイルス学会九州支部総会、2015年9月4日-5日、大分県別府市
  4. 小野勝彦、津々木博康、張 田力、赤池孝章、澤 智裕
    細菌におけるシステインパースルフィドおよび関連分子の生成動態
    第68回日本細菌学会九州支部総会第52回日本ウイルス学会九州支部総会、2015年9月4日-5日、大分県別府市
  5. 澤 智裕
    蛋白質S-グアニル化と活性酸素シグナル伝達  (シンポジウム)
    日本プロテオーム学会2015年会 JHUPO第13回大会、2015年7月23日-24日、熊本
  6. 小野勝彦、方 軍、澤 智裕
    ポリエチレングリコール結合マンガンプロトフィリンの合成とその抗酸化活性の解析(ポスター発表)
    第15回日本NO学会学術集会、2015年6月26日-27日、大阪
  7. 津々木博康、小野勝彦、井田智章、藤井重元、松永哲郎、居原 秀、赤池孝章、澤 智裕
    大腸菌における蛋白質S−グアニル化:制御因子と標的タンパク質の同定(ポスター発表)
    第15回日本NO学会学術集会、2015年6月26日-27日、大阪
  8. 澤 智裕
    「活性イオウ分子による抗酸化システム制御」(特別講演)
    第15回日本NO学会学術集会、2015年6月26日-27日、大阪
  9. 津々木博康、藤井重元、井田智章、小野勝彦、松永哲郎、居原 秀、赤池孝章、澤 智裕.
    Protein S-guanylation occurring in Escherichia coli and its association with growth condition(ポスター発表).
    第88回日本細菌学会総会、2015年3月26日、岐阜
  10. 澤 智裕、小野勝彦、Ahtesham Ahmed、津々木博康、井田智章、藤井重元、    赤池孝章.
    Persistent activation of protein kinase G via protein S-guanylation: Implication for endotoxin shock(ポスター発表).
    第88回日本細菌学会総会、2015年3月28日、岐阜.

 

▲年度別メニューに戻る

2013年

  1. 澤 智裕、井田智章、赤池孝章.
    ポリサルファーバイオロジーによるROS/NOシグナル制御.
    第13回日本NO学会学術集会(シンポジウム),2013年6月28日,沖縄.
  2. 澤 智裕、井田智章、赤池孝章.
    過イオウ化システイン誘導体による活性酸素シグナル制御.
    第24回日本生体防御学会学術総会(シンポジウム),2013年7月12日,熊本.
  3. 澤 智裕.
    新規活性イオウ分子システインパースルフィドの生成と酸化ストレス制御.
    第12回生物化学若手研究者セミナー,2013年9月7日,仙台.
  4. 澤 智裕、井田智章、赤池孝章.
    システインパースルフィドの生体内生成と酸化ストレス制御.
    第86回日本生化学会大会(シンポジウム),2013年9月13日,横浜.
  5. 澤 智裕、井田智章、赤池孝章.
    過イオウ化システイン誘導体の生体内生成と酸化ストレス制御.第1回がんと代謝研究会(シンポジウム),2013年10月31日,鶴岡.

▲年度別メニューに戻る

2012年

  1. 井上博文
    活性酸素・硫化水素シグナルによるオートファジー制御.
    第28回臨床フリーラジカル会議(2012年1月20−21日、京都)
  2. 藤井重元、赤池孝章
    硫化水素の抗酸化機能と酸化ストレスバイオマーカー.
    第8回呼吸器バイオマーカー研究会 (2012年3月10日、東京)
  3. 赤池孝章
    トップジャーナル七転び八起き.
    第85回日本細菌学会総会(2012年3月27 – 29日、長崎)
  4. 岡本竜哉、赤池孝章
    硫化水素によりオートファジー制御と感染防御シグナル.
    第85回日本細菌学会総会(2012年3月27 – 29日、長崎)
  5. Minkyung Jung、小野勝彦、岡本竜哉、居原 秀、三浦 高、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章.
    サルモネラGAPDHの酸化的不活性化とその生理的意義.
    第85回日本細菌学会総会(2012年3月27 – 29日、長崎)
  6. 松永哲郎、カン シャザダ、岡本竜哉、小山耕太、吉武 淳、小野勝彦、井上博文、藤井重元、澤 智裕、赤池孝章
    サルモネラ感染におけるオートファジーを介した細胞内殺菌と硫化水素による抑制.
    第85回日本細菌学会総会(2012年3月27 – 29日、長崎)
  7. 小山耕太、シャザダ カーン、松永哲郎、岡本竜哉、藤井重元、澤 智裕、河村好章、赤池孝章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディの遺伝子診断法の確立.
    第85回日本細菌学会総会(2012年3月27 – 29日、長崎)
  8. Shahzad Khan
    Association of Helicobacter cinaedi with cardiovascular diseases.
    第85回日本細菌学会総会(2012年3月27 – 29日、長崎)
  9. 小野勝彦、Jung Minkyung、岡本竜哉、居原 秀、三浦 高、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章
    8-Nitro-cGMPが促進するGAPDHの酸化的不活性化の病態生理学的意義.
    第65回日本酸化ストレス学会学術集会(2012年6月7 − 8日、あわぎんホール徳島郷土文化会館、徳島)
  10. Takaaki Akaike, Motohiro Nishida, Tomohiro Sawa.
    Nitrated cyclic nucleotide mediates endogenous electrophilic signaling for Ras-dependent senescence and autophagy.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases(June 26-29, 2012, CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan)
  11. Tomohiro Sawa, Hirofumi Inoue, Jun Yoshitake, Ihara Hideshi, Tomoaki Ida, Ahmed K. Ahtesham, Mizanur Rahaman, Katsuhiko Ono, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike.
    ROS signaling via 8-nitro-cyclic GMP formation and protein S-guanylation.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases (June 26-29, 2012, CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan)
  12. Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Motohiro Nishida, Hirofumi Inoue, Takaaki Akaike.
    Hydrogen sulfide regulates H-Ras-induced autophagy.
    The 33rd Naito Conference on Oxygen Biology: Hypoxia, Oxidative Stress and Diseases (June 26-29, 2012, CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom SAPPORO, Sapporo, Japan)
  13. 赤池孝章.
    硫化水素によるレドックスシグナル制御:新しいセカンドメッセンジャー 8-SH-cGMP の発見.
    第12回日本NO学会学術集会(2012年6月29 − 30日、神戸国際会議場、神戸市) 特別講演
  14. 小野勝彦、Minkyung Jung、岡本竜哉、居原 秀、三浦 高、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章.
    8-Nitro-cGMPによるGAPDHの酸化的不活性化の促進とその生物学的意義.
    第12回日本NO学会学術集会(2012年6月29 − 30日、神戸国際会議場、神戸市)
  15. 松永哲郎、Shahzada Khan、岡本竜哉、小山耕太、吉武 淳、小野勝彦、井上博文、藤井重元、澤 智裕、赤池孝章.
    サルモネラ感染におけるオートファジーを介した細胞内殺菌と硫化水素による抑制.
    第12回日本NO学会学術集会(2012年6月29 − 30日、神戸国際会議場、神戸市)
  16. Khandaker Ahtesham Ahmed、澤 智裕、小野勝彦、井田智章、藤井重元、Joseph R Burgoyne、Philip Eaton、赤池孝章.
    Redox activation of protein kinase G by electrophilic nucleotide involved in sepsis with persistent hypotension.
    第12回日本NO学会学術集会(2012年6月29 − 30日、神戸国際会議場、神戸市)
  17. 澤 智裕.
    活性酸素について.
    第121回日本薬理学会近畿部会新薬理学セミナー(2012年6月30日、日亜メディカルホール、徳島市)
  18. Takaaki Akaike, Hideshi Ihara, Tomohiro Sawa.
    8-SH-cGMP endogenously formed from 8-nitro-cGMP as a second messenger of hydrogen sulfide.
    The 7th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Application of Nitric Oxide (22nd - 26th July 2012, Edinburgh, UK)
  19. Tomohiro Sawa, Md. M. Rahaman, Ahmed K. Ahtesham, Atsushi Irie, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike.
    S-Guanylation proteomics for redox-based mitochondrial signaling.
    The 7th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Application of Nitric Oxide (22nd - 26th July 2012, Edinburgh, UK)
  20. Shigemoto Fujii, Khandaker Ahtesham Ahmed, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Shingo Kasamatsu, Jun Yoshitake, Md. Mizanur Rahaman, Tatsuya Okamoto, Takaaki Akaike.
    Regulation by mitochondrial superoxide and NADPH oxidase of cellular formation of nitrated cyclic GMP: Potential implications for NO and ROS signaling.
    The 7th International Conference on the Biology, Chemistry and Therapeutic Application of Nitric Oxide (22nd - 26th July 2012, Edinburgh, UK)
  21. 松永哲郎、小山耕太、Shahzada Khan、岡本竜哉、藤井重元、小野勝彦、吉武 淳、澤 智裕、富田純子、河村好章、赤池孝章.
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディのnested PCRによる検出法の確立.
    第65回日本細菌学会九州支部総会(2012年8月24 - 25日、那覇市ぶんかテンブス館テンブスホール、那覇市)
  22. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Yukio Fujiwara, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Katsuhiko Ono, Tetsuro Matsunaga, Khandaker Ahtesham Ahmed, Md. Mizanur Rahaman, Md. Ashiqur Rahman, Kohta Oyama, Motohiro Takeya, Takaaki Akaike.
    Helicobacter cinaedi enhances atherosclerosis in sponteneously hyperlipidemic mice and shows proatherogenic effects in monocyte/macrophage cells.
    第65回日本細菌学会九州支部総会(2012年8月24 - 25日、那覇市ぶんかテンブス館テンブスホール、那覇市)
  23. 藤井重元、松永哲郎、Shahzada Khan、小野勝彦、岡本竜哉、赤池孝章.
    オートファジーによるサルモネラの細胞内殺菌と硫化水素による制御.
    第65回日本細菌学会九州支部総会(2012年8月24 - 25日、那覇市ぶんかテンブス館テンブスホール、那覇市)
  24. Takaaki Akaike.
    Hydrogen sulfide regulation for electrophile-mediated ROS signaling.
    Second International Conference on H2S Biology and Medicine (September 20-22, 2012, Atlanta, USA)
  25. 赤池孝章.
    感染防御における活性酸素シグナル制御と破綻.
    第65回日本細菌学会中国・四国支部総会(2012年10月20-21日、徳島大学長井記念ホール、徳島)
  26. 赤池孝章.
    レドックスシグナル制御と酸化ストレスバイオマーカー.
    第20回日本精神科救急学会学術総会(2012年10月27-28日、奈良県新公会堂、奈良市)
  27. 赤司壮一郎、井田智章、澤 智裕、小野勝彦、吉武 淳、坂本純一、藤井重元、赤池孝章.
    動物細胞は本当に硫化水素を産生しているか?
    第29回臨床フリーラジカル会議(2012年12月7-8日、里山の休日 京都・烟河、亀岡市)
  28. Takaaki Akaike.
    Persulfide regulation of redox signaling involving unique polysulfur biology.
    第85回日本生化学会大会(2012年12月14-16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡市)
  29. 藤井重元、KA Ahmed、澤 智裕、小野勝彦、JR Burgoyne、井田智章、P Eaton、赤池孝章.
    The site specific Cys195 S-guanylation in protein kinase G 1α responsible for persistent hypotension in sepsis.
    第85回日本生化学会大会(2012年12月14-16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡市)
  30. 澤 智裕、藤井重元、アハメド アハテシャム、居原 秀、ミザヌール ラハマン、赤池孝章.
    ミトコンドリアスーパーオキシドならびにNADPHオキシダーゼに依存したニトロ化cGMPの生成:NOおよびROSシグナルへの関与.
    第85回日本生化学会大会(2012年12月14-16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡市)
  31. Md. Mizanur Rahaman, Tomohiro Sawa, Ahmed KhandakerAhtesham, Shazada Khan, Hirofumi Inoue, Atsushi Irie, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike.
    S-Guanylation proteomics for redox-mitochondrial signaling.
    第85回日本生化学会大会(2012年12月14-16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡市)
  32. 小野勝彦、Minkyung Jung、岡本竜哉、藤井重元、居原 秀、三浦 高、澤 と智裕、川端重忠、熊谷嘉人、赤池孝章.
    細菌感染におけるGAPDHの酸化的な不活性化とその生理的意義.
    第85回日本生化学会大会(2012年12月14-16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡市)
  33. 松永哲郎、シャザダ カーン、岡本竜哉、小山耕太、吉武 淳、小野勝彦、井上博文、藤井重元、澤 智裕、赤池孝章.
    オートファジーによるサルモネラの細胞内殺菌と硫化水素による抑制.
    第85回日本生化学会大会(2012年12月14-16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡市)
  34. 井田智章、吉武 淳、藤井重元、澤 智裕、赤池孝章.
    高速液体クロマトグラフィー−タンデム質量分析法を用いた硫化水素関連物質の生体内検出システムの開発.
    第85回日本生化学会大会(2012年12月14-16日、福岡国際会議場・マリンメッセ福岡、福岡市)

▲年度別メニューに戻る

2011年

  1. Takaaki Akaike
    Cell signaling mediated by nitrated cyclic guanine nucleotide.
    International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine(2011年1月、Kyoto, Japan)
  2. Takaaki Akaike
    Cellular signaling by nitrated cyclic nucleotides and regulation of its biological effects.
    Gordon Research Conferemce on Nitric Oxide: Understanding the Biology and Chemistry of Its Formation, Action, and Signaling(2011年2月, Ventura, USA)
  3. Takaaki Akaike
    Electrophilic cellular signaling regulated by H
    S-medaited sulfhydration.
    第11回日本NO学会学術集会2011513-14日、東京 町田)
  4. 澤 智裕
    ニトロ化環状ヌクレオチドとガス状メディエーターの交叉シグナリング.
    第11回日本
    NO学会学術集会2011513-14日、東京 町田) 
  5. 岡本竜哉
    小児致死的
    ARDS症例および鳥インフルエンザウイルス感染症例の血漿蛋白質中の3-ニトロチロシンの解析.
    第11回日本
    NO学会学術集会(2011513-14日、東京 町田)  
  6. 小野勝彦
    8-Nitro-cGMPによるGAPDHの酸化的不活性化の促進.
    第11回日本
    NO学会学術集会(2011513-14日、東京 町田) 
  7. ラハマン モハメドミザヌル
    Nitrated nucleotides reaction with biological low molecular weight sulfhydryls: kinetic analysis.
    第11回日本NO学会学術集会(2011513-14日、東京 町田) 
  8. アハメド カンダーカーアハテシャム
    Regulation by mitochondrial superoxide and NADPH oxidase of cell formation of nitrated cyclic GMP: potential implications for ROS signaling.
    第11回日本NO学会学術集会(2011513-14日、東京 町田) 
  9. 井上博文、澤 智裕、藤井重元、岡本竜哉、吉武 淳、小野勝彦、赤池孝章
    ニトロ化環状ヌクレオチドによる活性酸素シグナルの制御.
    平成23年度日本生化学会九州支部例会(
    2011521 – 22日、久留米)
  10. 小野勝彦、居原 秀、三浦 高、澤 智裕、ジョン ミンキョン、熊谷嘉人、赤池孝章
    8-Nitro-cGMP
    によるGAPDHの酸化的不活性化の促進.
    平成23年度日本生化学会九州支部例会(
    2011521 – 22日、久留米)
  11. 赤池孝章
    活性酸素シグナル伝達と加齢.
    第11回日本抗加齢医学会総会(
    2011527-29日、京都) 
  12. 澤 智裕、赤池孝章
    活性酸素のシグナル伝達機能と硫化水素による制御.
    第32回日本炎症・再生医学会(
    201162-3日、京都) 
  13. 小野勝彦、岡本竜哉、居原 秀、三浦 高、寺尾 豊、川端重忠、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章
    A群レンサ球菌GAPDHの酸化的不活性化とその生理的意義.
    第20回
    Lancefieldレンサ球菌研究会/第43回レンサ球菌感染症研究会(2011617 - 18日、名古屋) 
  14. Takaaki Akaike
    Cellular signaling mediated by nitrated cyclic nucleotide and regulated by hydrogen sulfide.
    5th International Conference on cGMP (24-26 June 2011, Halle, Germany)
     
  15. 小野勝彦、Ahmed Khandaker Ahtesham、岡本竜哉、藤井重元、澤智裕、Philip Eaton、赤池孝章
    NOによるcGMP依存性protein kinase GS-グアニル化を介した活性化とエンドトキシンショック病態.
    第22回日本生体防御学会学術総会(
    201162971日、那覇)
  16. 赤池孝章
    内因性硫化水素イオンによる親電子シグナル制御.
    第64回日本酸化ストレス学会学術集会(
    201172 -3日、留寿都)
  17. 赤池孝章
    親電子シグナルと硫化水素.
    九州大学生体防御医学研究所共同利用研究集会「活性酸素によるシグナル伝達制御の新展開」(
    2011722日、福岡)
  18. Takaaki Akaike
    Protein S-guanylation and its unique regulation mechanisms involving cysteine metabolism.
    12th International congress on amino acids, peptides and proteins. (1st – 5th Aug 2011, Beijing China)
  19. 岡本竜哉
    オートファジー誘導物質を用いた感染症治療.
    第4回感染病態研究フロンティア(
    20118月6日、大阪)
  20. 赤池孝章
    生体内ガス分子と活性酸素による多次元シグナルネットワーク.
    第8回
    Heme Oxygenase研究フォーラム(2011826日、京都)
  21. Jung Minkyung、小野勝彦、岡本竜哉、居原 秀、三浦 高、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章
    サルモネラ
    GAPDHの酸化的不活性化とその生理的意義.
    第64回日本細菌学会九州支部総会(
    2011826 – 27日、北九州)
  22. 松永哲郎、Shahzada Khan、岡本竜哉、小山耕太、吉武 淳、小野勝彦、井上博文、藤井重元、澤 智裕、赤池孝章
    サルモネラ感染におけるオートファジーを介した細胞内殺菌と硫化水素による抑制.
    第64回日本細菌学会九州支部総会(
    2011826 – 27日、北九州)
  23. 小山耕太、Shahzada Khan、松永哲郎、藤井重元、岡本竜哉、澤 智裕、河村好章、赤池孝章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディの遺伝子診断法の確立.
    第64回日本細菌学会九州支部総会(
    2011826 – 27日、北九州)
  24. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Koji Enomoto, Naomi Sakashita, Kohta Oyama, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Motohiro Takeya, Hisao Ogawa, Hiroshige Yamabe, and Takaaki Akaike
    Potential association of Helicobacter cinaedi with atrial arrhythmia and atherosclerosis. 

    第64回日本細菌学会九州支部総会(
    2011826 – 27日、北九州)
  25. 岡本竜哉、澤 智裕、藤井重元、河内正治、布井博幸、Thuy Thi Bich PhungLiem Thanh Nguyen、中島典子、鈴木和男、赤池孝章
    小児致死的
    ARDS症例および鳥インフルエンザウイルス感染症例の血漿蛋白質中の3-ニトロチロシンの解析.
    第64回日本細菌学会九州支部総会(
    2011826 – 27日、北九州) 
  26. 赤池孝章
    内因性硫化水素イオンによる
    ROS・親電子シグナル制御
    第2回
    Molecular Cardiovascular Conference II201192 – 4日、北海道)
  27. Takaaki Akaike
    Antimicrobial cell signaling mediated by nitrated cyclic nucleotide.
    XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology
    (第84回 日本細菌学会総会)(6 – 10 Sep, 2011, Sapporo)
  28. Yoshiaki Kawamura, Yuki Fujitaka, Keisuke Nakayama, Naoki Misawa, Yasuyoshi Kamiya, Junko Tomida, Yuji Morita, Tetsuya Hayashi, Takaaki Akaike.Helicobacternew genospecies found in animal (dog) isolates identified asHelicobacter cinaedi.
    XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology (
    第84回 日本細菌学会総会) (6 – 10 Sep, 2011, Sapporo)
  29. Katushiko Ono, Hideshi Ihara, Takashi Miura, Tomohiro Sawa, Yoshito Kumagai, Takaaki Akaike
    Oxidative inactivation of salmonella glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase (GAPDH), GAPA.
    XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology (
    第84回 日本細菌学会総会) (6 – 10 Sep, 2011, Sapporo)
  30. Tatsuya Okamoto, Shahzada Khan, Naomi Sakashita, Kohta Oyama, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Motohiro Takeya, Hisao Ogawa, Kunihiko Matsui, Hiroshige Yamabe, Takaaki Akaike.
    Helicobacter cinaedi infection as a potential etiological factor in atrial arrhythmia and atherosclerosis.
    XIII International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology (
    第84回 日本細菌学会総会) (6 – 10 Sep, 2011, Sapporo)
  31. 赤池孝章、澤 智裕、西田基宏
    ROS and electrophilic cellular signaling regulated by hydrogen sulfide.
    第84回日本生化学会大会(2011921 – 24日、京都)
  32. 西田基宏、北島直幸、黒瀬 等、澤 智裕、赤池孝章
    硫化水素は親電子物質のスルフヒドリル化を介して心筋梗塞後の心不全を抑制する.
    第84回日本生化学会大会(
    2011921 – 24日、京都)
  33. 澤 智裕、赤池孝章
    酸化ストレス応答のケミカルバイオロジー.
    第84回日本生化学会大会(
    2011921 – 24日、京都)
  34. 岡本竜哉、澤 智裕、藤井重元、河内正治、布井博幸、Thuy Thi Bich PhungLiem Thanh、中島典子、鈴木和男、赤池孝章
    小児致死的
    ARDS症例および鳥インフルエンザウイルス感染症例の血漿蛋白質中の3-ニトロチロシンの解析.
    第84回日本生化学会大会(
    2011921 – 24日、京都)
  35. Md. Mizanur Rahaman, Tomohiro Sawa, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Katsuhiko Ono, Takaaki Akaike
    Structure-activity analysis of nitrated nucleotides as electrophiles for reaction with sulfhydryls.
    第84回日本生化学会大会(2011921 – 24日、京都)
  36. Khandaker Ahtesham Ahmed, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Shingo Kasamatsu, Jun Yoshitake, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike
    Regulation by mitochondrial superoxide and NADPH oxidase of cellular formation of nitrated cyclic GMP: potential implication for ROS signaling.
    第84回日本生化学会大会(2011921 – 24日、京都)
  37. 小野勝彦、居原 秀、三浦 高、澤 智裕、熊谷嘉人、赤池孝章
    8-Nitro-cGMPによるGAPDHの酸化的不活性化の促進.
    第84回日本生化学会大会(
    2011921 – 24日、京都)
  38. 澤智裕
    Redox activation of H-Ras oncogenic signal by electrophilic nucleotide via posttranslational cysteine modification.
    第70回日本癌学会学術総会2011103-5日、名古屋)
  39. Takaaki Akaike
    Cellular signaling mediated by nitrated cyclic nucleotides and its regulation by hydrogen sulfide.
    The 23rd Annual Meeting of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology (October 6-7, 2011, Seoul, Korea)
  40. Tomohiro Sawa
    Redox activation of H-Ras oncogenic signal by electrophilic nucleotide via posttranslational cysteine modification.

    The 23rd Annual Meeting of the Korean Society for Molecular and Cellular Biology (October 6-7, 2011, Seoul, Korea)
  41. 小山耕太、Shahzada Khan、岡本竜哉、松永哲郎、小野勝彦、藤井重元、澤 智裕、河村好章、赤池孝章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディと心臓血管疾患との関連性.
    第17回
    MPO研究会(20111028 – 29日、熊本)
  42. 岡本竜哉、松永哲郎、Shahzada Khan、小野勝彦、小山耕太、吉武 淳、井上博文、藤井重元、澤 智裕、赤池孝章
    サルモネラ感染におけるオートファジーを介した細胞内殺菌と内因性硫化水素イオンによる抑制
    第17回
    MPO研究会(20111028 – 29日、熊本)

▲年度別メニューに戻る

2010年

  1. Ahmed Khandaker Ahtesham, Tomohiro Sawa, Shigemoto Fujii, Katsuhiko Ono, Tatsuya Okamoto, Philip Eaton, Takaaki Akaike.
    A unique signal transduction of NO and ROS mediated by cGMP-dependent protein kinase activated via S-guanylation.
    第26回臨床フリーラジカル会議(2010年1月、大津)
  2. 赤池孝章
    NO・活性酸素のヌクレオチドセンサーと親電子シグナル形成.
    第83回 日本薬理学会年会(2010年3月、大阪)
  3. Takaaki Akaike
    ROS signaling in animal cells.
    第51回日本植物生理学会年会(2010年3月、熊本)
  4. Tatsuya Okamoto, Shahzada Khan, Kohta Oyama, Naomi Sakashita, Hiroshige Yamabe, Yoshiaki Kawamura, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Motohiro Takeya, Takaaki Akaike
    Helicobacter cinaedi-related cardiovascular diseases and atherosclerosis.
    第10回日韓国際微生物学シンポジウム(2010年3月, Yokohama, Japan)
  5. Ahmed Khandaker Ahtesham, Katsuhiko Ono, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike
    Nitrated 3',5'-cyclic diguanylic acid as a potential second messenger in bacteria.
    第10回日韓国際微生物学シンポジウム(2010年3月, Yokohama, Japan)
  6. Takaaki Akaike
    A New Paradigm for Antimicrobial Host Defense Mediated by NO and ROS: A Critical Role of Nitrated Nucleotides.
    第83回 日本細菌学会総会 International Symposium(2010年3月、横浜)
  7. Tatsuya Okamoto, Shahzada Khan, Kohta Oyama, Naomi Sakashita, Hiroshige Yamabe, Yoshiaki Kawamura, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Motohiro Takeya, Takaaki Akaike
    Possible association ofHelicobacter cinaediwith arrhythmia and atherosclerosis.
    第83回 日本細菌学会総会(2010年3月、横浜)
  8. 藤井重元、他
    ニトロ化環状ヌクレオチドによる蛋白質S-グアニル化を介するcGMP依存性プロテインキナーゼの活性化.
    第83回 日本細菌学会総会(2010年3月、横浜)
  9. Ahmed Khandaker Ahtesham, et al
    In vitro における3',5'-環状ジグアニル酸のニトロ化産物生成の同定.
    第83回 日本細菌学会総会(2010年3月、横浜)
  10. Takaaki Akaike
    Protein S-guanylation: a new post-translational regulation for redox signaling.
    The 20th World Congress of the International Society for Heart Research(2010年5月, Kyoto, Japan)
  11. Tatsuya Okamoto, Tomohiro Sawa, Shigemoto Fujii, Mie Tateyama, Shoji Kawachi, Thuy Thi Bich Phung, Liem Thanh Nguyen, Kazuo Suzuki, Takaaki Akaike
    Detection of protein-bound 3-nitrotyrosine in plasma from pediatric patients with fulminant ARDS and avian influenza infection.
    6th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO 2010(2010年6月, Kyoto, Japan)
  12. Katsuhiko Ono, Khandaker Ahtesham Ahmed, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike
    Nitration of 3’,5’-cyclic guanylic acid, a bacterial signaling molecule.
    6th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO 2010(2010年6月, Kyoto, Japan)
  13. Jun Yoshitake, Katsuaki Kato, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike, Tetsuhiko Yoshimura
    Estrogen receptor-dependent or -independent suppression of NO production and 8-nitroguanosine formation by endocrine-disrupting chemicals.
    6th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO 2010(2010年6月, Kyoto, Japan)
  14. Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Tomoaki Ida, Tatsuya Okamoto, Hozumi Motohashi, Masayuki Yamamoto, Takaaki Akaike
    Role of Keap1 S-guanylation in the antioxidant adaptive response in C6 glioma cells.
    6th International Conference on Biology, Chemistry, and Therapeutic Applications of Nitric Oxide (2010年6月14-18日, Kyoto, Japan)
  15. Khandaker Ahtesham Ahmed, Tomohiro Sawa, Tomoaki Ida, Hideshi Ihara, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike
    Chemical basis for mechanism of 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosohate formation in cells.
    6th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO 2010(2010年6月, Kyoto, Japan).
  16. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Tomohiro Sawa, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike
    Guanine nitration and oxidative stress responses during influenza virus pneumonia in mice.
    6th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO 2010(2010年6月, Kyoto, Japan)
  17. Md. Mizanur Rahaman, Tomohiro Sawa, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Katsuhiko Ono, Takaaki Akaike
    Proteomic identification for sulfhydryl modifications of mitochondrial proteins by 8-nitroguanosine 3’,5’-cyclic monophosphate.
    6th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO 2010(2010年6月, Kyoto, Japan)
  18. Kohta Oyama, Ahmed Khandaker Ahtesham, Tomohiro Sawa, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Philip Eaton, Takaaki Akaike
    Activation mechanism of cGMP-dependent protein kinase by a nitrated derivative of cGMP.
    6th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO 2010(2010年6月, Kyoto, Japan)
  19. Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Hideshi Ihara, Takaaki Akaike
    Critical roles of nitric oxide signaling via 8-nitro-cGMP-induced protein S-guanylation in antioxidant adaptive responses.
    The 26th Kumamoto Medical Bioscience Symposium(2010年6月, Kumamoto, Japan)
  20. 小野勝彦、居原 秀、三浦 高、岩本典子、熊谷嘉人、澤 智裕、赤池孝章
    Glyceraldehyde 3-phosphate dehydrogenaseの基質依存的な酸化的不活性化.
    第63回日本酸化ストレス学会学術集会(2010年6月、横浜市)
  21. 吉武 淳、Ahmed Khandaker Ahtesham、澤 智裕、井田智章、居原 秀、赤池孝章
    細胞内における8-nitro-cGMP生成メカニズムの解析.
    第63回日本酸化ストレス学会学術集会(2010年6月、横浜市)
  22. 小山耕太、岡本竜哉、Shahzada Khan、山部浩茂、小川久雄、坂下直美、竹屋元裕、河村好章、赤池孝章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディと心臓血管疾患との関連性.
    第3回感染病態研究フロンティア(2010年7月、横浜市)
  23. 岡本竜哉、藤井重元、澤 智裕、赤池孝章
    インフルエンザウイルス肺炎・ARDSにおける血漿蛋白質中の 3-ニトロチロシンの定量的解析.
    第47回 日本ウイルス学会九州支部総会(2010年9月、宮崎市)
  24. 小山耕太、岡本竜哉、Shahzada Khan、藤井重元、山部浩茂、小川久雄、坂下直美、竹屋元裕、河村好章、澤 智裕、赤池孝章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディの臨床疫学研究:心臓血管疾患との関連性.
    第63回 日本細菌学会九州支部総会(2010年9月、宮崎市)
  25. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Kohta Oyama, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Yoshiaki Kawamura, Takaaki Akaike
    Nosocomial infections caused byHelicobacter cinaedi.
    第63回 日本細菌学会九州支部総会(2010年9月、宮崎市)
  26. 澤 智裕、赤池孝章
    核酸分子の化学修飾による活性酸素シグナルのケミカルセンシング.
    第83回日本生化学会大会(2010年12月、神戸市)
  27. 藤井重元、澤 智裕、居原 秀、Kit I. Tong、井田智章、岡本竜哉、Khandaker Ahtesham Ahmed、本橋ほづみ、山本雅之、赤池孝章
    ニトロ化環状ヌクレオチドによる蛋白質S-グアニル化を介する酸化ストレス適応応答の分子機序.
    第83回日本生化学会大会(2010年12月7-10日、神戸ポートアイランド)
  28. 澤 智裕、赤池孝章
    NOによる抗酸化応答の新展開.
    第27回臨床フリーラジカル会議(2010年12月、京都市)

▲年度別メニューに戻る

2009年

  1. 藤井重元、赤池孝章
    平成20年度臨床医学疫学機関連携事業・拠点形成研究A「エイズ等新興再興難治性感染症に対する新たな治療法開発をめざした研究教育拠点研究」合同成果発表会(2009年1月、熊本)
  2. Tatsuya Okamoto, Tomohiro Sawa, Shigemoto Fujii, Takaaki Akaike.
    Guanine nitration and host defense during influenza virus pneumonia.
    8th Asia Pacific Congress of Medical Virology(2009年2月, Hong Kong, China)
  3. 岡本竜哉、赤池孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における酸化ストレスバイオマーカー .
    第5回呼吸器バイオマーカー研究会(2009年3月、東京)
  4. 岡本竜哉、Shahzada Khan、山部浩茂、藤井重元、澤 智裕、河村好章、坂下直実、竹屋元裕、赤池孝章
    Helicobacter cinaediの血清診断法の確立と感染疫学.
    第82回 日本細菌学会総会(2009年3月、名古屋)
  5. 藤井重元、岡本竜哉、澤 智裕、赤池孝章
    サルモネラ感染におけるニトロ化環状ヌクレオチドを介する生体防御機構.
    第82回日本細菌学会総会(2009年3月、名古屋)
  6. Ahmed Khandaker Ahatesham, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike.
    Nitration of 3',5'-cyclic diguanylic acid, a bacterial signaling molecule.
    第82回 日本細菌学会総会(2009年3月、名古屋)
  7. 澤 智裕、赤池孝章
    酸化ストレスにおけるNO・活性酸素シグナル制御.
    第79回日本衛生学会学術総会(2009年3月、東京)
  8. 澤 智裕、藤井重元、入江 厚、岡本竜哉、居原 秀、本橋ほづみ、山本雅之、赤池孝章
    S-Guanylation proteomics: unique post-translational modification of thiols dependent on nitric oxide and reactive oxygen species.
    第9回日本NO学会学術集会(2009年5月、静岡)
  9. 岡本竜哉、澤 智裕、藤井重元、赤池孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における8-ニトロ-cGMPの生成を介した酸化ストレス応答の分子メカニズム.
    第9回日本NO学会学術集会 (2009年5月、静岡)
  10. 藤井重元、赤池孝章
    8-ニトログアノシン3',5'-環状1リン酸による蛋白質S-グアニル化を介する酸化ストレス適応応答の分子機構.
    第9回日本NO学会学術集会(2009年5月、静岡)
  11. Khandaker A. Ahmed, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike
    Nitration of guanosine 3',5'-cyclic monophosphate by nitric oxide and reactive oxigen species.
    第9回日本NO学会学術集会(2009年5月、静岡)
  12. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Md Hasan Zaki, Shigemoto Fujii, Khandaker Ahtesham Ahmed, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike.
    Host defense function of 8-nitro-cGMP during murine salmonellosis.
    第9回日本NO学会学術集会 (2009年5月、静岡)
  13. 小山耕太、Ahmed khandaker Ahtesham、立山美笑、澤 智裕、赤池孝章
    細菌シグナル分子3',5'-cyclic diguanylic acidのニトロ化.
    第9回日本NO学会学術集会(2009年5月、静岡)
  14. 赤池孝章
    活性酸素による新しい翻訳後修飾とシグナル伝達機能の解明.
    科学技術振興調整費先端融合領域イノベーション創出拠点の形成 第1回公開シンポジウム (2009年6月、横浜)
  15. 赤池孝章
    活性酸素とNOによる親電子シグナル伝達.
    第62回日本酸化ストレス学会学術集会(2009年6月、福岡)
  16. 澤 智裕、Ahmed Khandaker Ahtesham、J. Burgoyne、岡本 竜哉、藤井 重元、P. Eaton、赤池 孝章
    S-グアニル化を介したprotein kinase Gの新規な活性化機構.
    第62回日本酸化ストレス学会学術集会(2009年6月、福岡)
  17. 藤井重元、澤 智裕、岡本竜哉、三浦 高、岩本典子、熊谷嘉人、赤池孝章
    細胞内S-グアニル化蛋白質の同定とS-グアニル化制御機構の解明.
    第62回日本酸化ストレス学会学術集会(2009年6月、福岡)
  18. Ahmed Khandaker Ahtesham, Tatsuya Okamoto, Yutaka Terao, Tomohiro Sawa, Shigetada Kawabata, Takaaki Akaike.
    Impairment of NO-dependent host defense via degradation of 8-nitro-cGMP induced by group AStreptococcus.
    第18回 Lancefield レンサ球菌研究会(2009年6月、福岡)
  19. 岡本竜哉、赤池孝章、河村好章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディと院内感染.
    第2回 感染病態研究フロンティア(2009年7月、仙台)
  20. 丸山 徹、他
    SNO化血液製剤の薬理活性解析と臨床応用
    レドックス生命科学第170委員会第21回研究会(2009年7月、熊本南阿蘇)
  21. Ahmed Khandaker Ahtesham, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike
    Nitration of guanosine 3',5'-cyclic monophosphate (cGMP) by reactive oxygen and nitrogen species.
    文部科学省 新学術領域研究(研究領域提案型)「活性酸素のシグナル伝達機能」2009年公開国際シンポジウム(2009年7月、熊本南阿蘇)
  22. 岡本竜哉、澤 智裕、藤井重元、赤池孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における8-ニトロ-cGMPの生成を介した酸化ストレス応答の分子メカニズム.
    第20回 日本生体防御学会(2009年7月、東京)
  23. 岡本竜哉, 赤池孝章
    インフルエンザウイルス肺炎・ARDSにおける酸化ストレスバイオマーカー.
    平成21年度 厚生労働省インフルエンザ・ARDS 班会議(2009年7月、宮崎)
  24. 藤井重元、澤 智裕、岡本竜哉、居原 秀、井田智章、Kit I. Tong、本橋ほづみ、山本雅之、赤池孝章
    蛋白質S-グアニル化を介する酸化ストレス適応応答の分子機序.
    第6回Heme Oxygenase研究フォーラム(2009年8月、京都)
  25. Takaaki Akaike
    Nitric oxide and electrophilic signaling mediated via 8-nitro-cGMP
    SFRR International Free Radical School in Japan2009(2009年9月、新潟)
  26. 赤池孝章
    活性酸素シグナル研究の新展開
    第13回 Molecular Cardiovascular Conference(2009年9月、北海道)
  27. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Naomi Sakashita, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Motohiro Takeya, Takaaki Akaike.
    An emerging pathogen,Helicobacter cinaedi: Possible association with atherosclerosis.
    第62回 日本細菌学会九州支部総会(2009年9月、佐賀)
  28. 小山耕太、岡本竜哉、Shahzada Khan、藤井重元、澤 智裕、河村好章、赤池孝章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディの血清診断法の確立と感染疫学への応用.
    第62回 日本細菌学会九州支部総会(2009年9月、佐賀)
  29. 岡本竜哉、澤 智裕、藤井重元、赤池孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における8-ニトロ-cGMPの生成を介した酸化ストレス応答の分子メカニズム.
    第46回 日本ウイルス学会九州支部総会(2009年9月、佐賀)
  30. 藤井重元、岡本竜哉、澤 智裕、赤池孝章
    サルモネラ感染におけるニトロ化環状ヌクレオチドを介するNO誘導性生体防御機構.
    第62回日本細菌学会九州支部総会(2009年9月、佐賀)
  31. 赤池孝章
    NO と活性酸素による酸化ストレス適応応答.
    第82回日本生化学会大会(2009年10月、神戸)
  32. 澤 智裕, Ahmed Khandaker Ahtesham, Joseph R. Burgoyne, 岡本竜哉, 藤井重元, Philip Eaton, 赤池孝章
    ニトロ化環状ヌクレオチドによる蛋白質S-グアニル化を介したcGMP 依存性プロテインキナーゼの活性化機構.
    第82回日本生化学会大会(2009年10月、神戸)
  33. 藤井重元、澤 智裕、岡本竜哉、三浦 高、岩本典子、熊谷嘉人、赤池孝章
    細胞内S-グアニル化蛋白質の同定と蛋白質S-グアニル化の生理機能の解明.
    第82回日本生化学会大会(2009年10月、神戸)
  34. 小野勝彦, Ahmed Khandaker Ahtesham, 澤智裕, 赤池孝章
    細菌シグナル分子3',5'-cyclic diguanylic acid のニトロ化.
    第82回日本生化学会大会(2009年10月、神戸)
  35. Ahmed Khandaker Ahtesham, 澤智裕, 岡本竜哉, 藤井重元, 赤池孝章
    Chemical basis of 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate formation in cells.
    第82回日本生化学会大会(2009年10月、神戸)
  36. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Kohta Oyama, Takaaki Akaike.
    An emerging pathogen, Helicobacter cinaedi: Possible association with atherosclerosis.
    第3回 細菌学・若手コロセウム(2009年10月、宮崎)
  37. 小山耕太、岡本竜哉、Shahzada Khan、赤池孝章
    新興感染症菌ヘリコバクター・シネディの血清診断法の確立と感染疫学への応用.
    第3回 細菌学・若手コロセウム(2009年10月、宮崎)
  38. Ahmed Khandaker Ahtesham, Tomohiro Sawa, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Philip Eaton, Takaaki Akaike
    A unique activating mechanism of cGMP-dependent protein kinase by a nitrated derivative of cGMP.
    第25回熊本医学生物科学&グローバルCOE合同シンポジウム(2009年11月, Kumamoto, Japan)
  39. Shahzada Khan, Tatsuya Okamoto, Kohta Oyama, Naomi Sakashita, Hiroshige Yamabe, Shigemoto Fujii, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike.
    An emerging pathogen,Helicobacter cinaedi: Possible association with arrhythmia and atherosclerosis.
    第25回熊本医学生物科学&グローバルCOE合同シンポジウム(2009年11月, Kumamoto, Japan)
  40. 赤池孝章
    活性酸素による新しい翻訳後修飾と親電子シグナル
    大阪大学蛋白質研究所セミナー(2009年11月、大阪)
  41. Takaaki Akaike
    New NO signaling via 8-nitro-cGMP formation and protein S-guanylation
    5th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan(2009年12月, Sydney, Australia)
  42. Kohta Oyama, Ahmed Khandaker Ahtesham, Tomohiro Sawa, Tatsuya Okamoto, Shigemoto Fujii, Philip Eaton, Takaaki Akaike.
    A Unique Activating Mechanism of cGMP-Dependent Protein Kinase by a Nitrated Derivative of cGMP.
    5th Joint Meeting of the Societies for Free Radical Research Australasia and Japan(2009年12月, Sydney, Australia)

▲年度別メニューに戻る

2008年

  1. 澤 智裕、Zaki MH、藤井 重元、岡本 竜哉、小林 聡、山本 雅之、居原 秀、有本 博一、赤池 孝章
    ニトログアノシン環状ヌクレオチドによる新しい感染防御シグナル伝達機構.
    第81回日本細菌学会総会(2008年3月、京都)
  2. Zaki MH、Okamoto T, Sawa T, Islam S, Ahmed KA, Fujii S, and Akaike T.
    Involvement of a new signal 8-nitro-cGMP in host defense during murine salmonellosis.
    第81回日本細菌学会総会(2008年3月、京都)
  3. 岩下 博文、藤井 重元、岡本 竜哉、澤 智裕、正木 孝幸、河村 好章、赤池 孝章
    Helicobacter cinaedi主要抗原の同定とその組換え蛋白質を用いた血清診断.
    第81回日本細菌学会総会(2008年3月、京都)
  4. 澤 智裕、大島 寛史、赤池 孝章
    感染・炎症おけるグアニンニトロ化と発がんへの関与.
    第8回日本 NO 学会学術集会(2008年5月、仙台)
  5. 澤 智裕、藤井 重元、入江 厚、岡本 竜哉、居原 秀、小林 聡、山本 雅之、赤池 孝章
    S-Guanylation proteomics: Keap1修飾部位の解析.
    第8回日本 NO 学会学術集会(2008年5月、仙台)
  6. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    インフルエンザウイルス肺炎におけるニトロ化ストレスと生体防御機構.
    第8回日本 NO 学会学術集会(2008年5月、仙台)
  7. 藤井 重元、澤 智裕、岡本 竜哉、居原 秀、小林 聡、山本 雅之、赤池 孝章
    新規環状ヌクレオチド8-ニトログアノシン-3’,5’-環状1リン酸による転写制御因子Keap1のS-グアニル化とそのシグナル伝達機構.  
    第8回日本 NO 学会学術集会(2008年5月、仙台)
  8. 澤 智裕、赤池 孝章
    NOによる酸化ストレス応答の分子制御機構.
    第61回日本酸化ストレス学会(2008年6月、京都)
  9. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    ウイルス感染病態におけるニトロ化シグナルを介した新しい生体防御機構.
    第61回日本酸化ストレス学会(2008年6月、京都)
  10. 藤井 重元、澤 智裕、岡本 竜哉、居原 秀、小林 聡、山本 雅之、赤池 孝章
    Keap1のS-グアニル化を介する環状ヌクレオチド8-ニトログアノシン-3’,5’-環状1リン酸のシグナル伝達機序.
    第61回日本酸化ストレス学会(2008年6月、京都)
  11. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における酸化ストレス防御機構.
    第1回感染病態研究フロンティア(2008年7月、大阪)
  12. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における活性酸素シグナル応答の分子メカニズム:Molecular mechanism of reactive oxygen species signaling in influenza virus pneumonia.
    第19回日本生体防御学会(2008年7月、札幌)
  13. Sawa T, Fujii S, Irie A, Okamoto T, Motohashi H, Yamamoto M, and Akaike T.
    Nitric oxide-dependent sulfhydryl modification of Keap1 by 8-nitroguanosine 3’,5’-cyclic monophosphate.
    5th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO (2008年8月、Bregenz, Austria)
  14. Okamoto T, Sawa T, Fujii S, and Akaike T.
    Guanine nitration and host defense during influenza virus pneumonia.
    5th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO (2008年8月、Bregenz, Austria)
  15. Fujii S, Sawa T, Okamoto T, Ihara H, Motohashi H, Yamamoto M, and Akaike T.
    Physiological role of Keap1 S-guanylation by 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate formed in C6 glioma cells.
    5th International Conference on Biology, Chemistry and Therapeutic applications of NO (2008年8月、Bregenz, Austria)
  16. Akaike T, and Sawa T.
    Signal transduction by 8-nitro-cGMP via its unique redox property and
    post-translational modification.
    A Joint Conference of 13th In Vivo EPR Spectroscopy and Imaging and 10th International EPR Spin Trapping/Spin Labeling(2008年9月、福岡)
  17. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における 8-ニトロ-cGMP の生成と、酸化ストレス応答の分子メカニズム.
    第45回日本ウイルス学会九州支部総会(2008年10月、熊本)
  18. 藤井 重元、Zaki MH、岡本 竜哉、澤 智裕、赤池 孝章
    サルモネラ感染病態における8-ニトログアノシン 3',5'- 環状1リン酸を介したNO誘導性生体防御機構.
    第61回日本細菌学会九州支部総会(2008年10月、熊本)
  19. Khan S、岩下 博文、岡本 竜哉、藤井 重元、澤 智裕、正木 孝幸、河村 好章、赤池 孝章
    Helicobacter cinaedi主要抗原組換え蛋白質の作成とその血清診断法への応用.
    第61回日本細菌学会九州支部総会(2008年10月、熊本)
  20. Sawa T, Fujii S, Irie A, Okamoto T, Kobayashi A, Yamamoto M, and Akaike T.
    NO dependent modification of Keap1 thiol by nitrated nucleotide, 8-nitroguanosine 3’,5’-cyclic monophosphate.
    第67回日本癌学会総会(2008年10月、名古屋)
  21. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    インフルエンザウイルス肺炎病態における酸化・ニトロ化ストレスの関与.
    臨床医学疫学機関連携事業第8回セミナー(2008年11月、熊本)
  22. Shahzada Khan、岩下 博文、岡本 竜哉、藤井 重元、澤 智裕、正木 孝幸、河村 好章、赤池 孝章
    Helicobacter cinaedias an emerging pathogen and its possible association with cardiovascular diseases.
    臨床医学疫学機関連携事業第8回セミナー(2008年11月、熊本)
  23. 澤 智裕、藤井 重元、入江 厚、岡本 竜哉、居原 秀、本橋 ほづみ、山本 雅之、赤池 孝章
    S-Guanylation proteomics: NOと活性酸素に依存したユニークなチオール基翻訳後修飾.
    第81回日本生化学会大会(2008年12月、神戸)
  24. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    インフルエンザウイルス肺炎における8-ニトロ-cGMPの生成と酸化ストレス応答の分子メカニズム:Molecular mechanism of oxidative stress responses mediated by 8-nitro-cGMP formed in influenza virus pneumonia.
    第81回日本生化学会大会(2008年12月、神戸)
  25. 藤井 重元、澤 智裕、岡本 竜哉、居原 秀、本橋 ほづみ、山本 雅之、赤池 孝章
    新規環状ヌクレオチド8-ニトログアノシン3’,5’-環状1リン酸による転写制御因子Keap1のS-グアニル化とその酸化ストレス応答における役割.
    第81回日本生化学会大会(2008年12月、神戸)
  26. Ahmed KA, Sawa T, and Akaike T.
    Nitration of guanosine 3’,5’-cyclic monophosphate by nitric oxide and
    reactive oxigen species.
    第81回日本生化学会大会(2008年12月、神戸)

▲年度別メニューに戻る

2007年

  1. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、寺崎 泰弘、大島 寛史、赤池 孝章
    一酸化窒素による損傷塩基 8-ニトログアニンの生体内生成とその HPLC-電気化学法による検出.
    第3回呼吸器バイオマーカー研究会(2007年3月、東京)
  2. 澤 智裕、Zaki MH、Islam S、岡本 竜哉、藤井 重元、赤池 孝章
    サルモネラ感染防御におけるNOの新しいシグナル伝達機構の解明.
    第80回日本細菌学会総会(2007年3月、大阪)
  3. 澤 智裕、赤池 孝章
    炎症発がんと酸素ストレス適応応答の分子制御機構.
    第31回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会(2007年4月、京都)
  4. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井重 元、寺崎 泰弘、大島 寛史、赤池 孝章
    一酸化窒素による修飾塩基 8-ニトログアニン誘導体の生体内生成とその免疫組織化学法および HPLC-電気化学法による検出.
    第7回日本 NO 学会学術集会(2007年5月、大津)
  5. 澤 智裕、藤井 重元、岡本 竜哉、有本 博一、赤池 孝章
    新規環状ヌクレオチド8-ニトログアノシン-3',5'-サイクリック環状1リン酸の生成とそのチオール基への付加体形成反応(S-guanylation)の解析.
    第7回日本 NO 学会学術集会(2007年5月、大津)
  6. 藤井 重元、澤 智裕、岡本 竜哉、Zaki MH、赤池 孝章
    転写制御因子Keap1のS-グアニル化を介した新規環状ヌクレオチド 8-ニトログアノシン-3',5'-環状1リン酸による細胞保護作用.
    第7回日本 NO 学会学術集会(2007年5月、大津)
  7. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、大島 寛史、赤池 孝章
    慢性炎症におけるニトロ化ストレスの評価:修飾塩基 8-ニトログアニン誘導体の生体内生成とその検出法の確立.
    第29回日本フリーラジカル学会学術集会(2007年6月、名古屋)
  8. 澤 智裕、藤井 重元、岡本 竜哉、有本 博一、赤池 孝章
    新規環状ヌクレオチド8-nitroguanosine-3',5'-cyclic monophosphateによるチオール基への付加体形成反応(S-guanylation)の解析.
    第29回日本フリーラジカル学会学術集会(2007年6月、名古屋)
  9. 藤井 重元、澤 智裕、岡本 竜哉、Zaki MH、赤池 孝章
    新規環状ヌクレオチド 8-ニトログアノシン-3',5'-環状1リン酸による転写制御因子Keap1のS-グアニル化とその生理作用.
    第29回日本フリーラジカル学会学術集会(2007年6月、名古屋)
  10. 岡本 竜哉、Zaki MH、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    細菌感染病態におけるニトロ化シグナルを介した新しい生体防御機構.
    第18回日本生体防御学会(2007年7月、福岡)
  11. 岡本 竜哉、澤 智裕、藤井 重元、赤池 孝章
    NO による新しい蛋白質翻訳後修飾 -Protein S-guanylation- を介する heme oxygenase-1 の誘導機構.
    第4回 Heme Oxygenase 研究フォーラム(2007年8月、京都)
  12. 澤 智裕、岡本 竜哉、Zaki MH、藤井 重元、山本 雅之、赤池 孝章
    NOに依存した8-ニトログアノシン-3',5'-環状一リン酸の生成を介した抗アポトーシスシグナル.
    第66回日本癌学会学術総会(2007年10月、横浜)
  13. Sawa T, and Akaike T.
    Nitric oxide signaling in oxidative stress and adaptive response.
    The 23rd Kumamoto Medical Bioscience Symposium (2007.11. Kumamoto, Japan).
  14. Akaike T, Sawa T, Fujii S, Okamoto T, Ihara H, and Arimoto H.
    A new second messenger, 8-nitroguanosine 3',5'-cyclic monophosphate involved in NO-induced signal transduction via a unique post-translational modification, protein S-guanylation.
    4th Joint Meeting of the Society for Free Radical Research, Australasia and Japan (2007.12. Kyoto, Japan).

▲年度別メニューに戻る

▲このページのTOPに戻る